ビタミンD欠乏の原因には,抗てんかん薬以外に、どんなものがありますか?

  ビタミンD欠乏の原因としては、次の3つの原因が考えられます。
①偏食。青魚や、緑黄色野菜の食べ方が少ない。
②室内遊び(室内業務)が多く、太陽の光に当たらない。
③てんかんのお薬を長年にわたって服用している。
ビタミンDが欠乏していることが分かりましたら、ビタミンDの水薬をお出しいたします。
発作を止めておくためのてんかんのお薬は、なかなか中止できませんので、ビタミンDが欠乏しないよう、ふだんから気をつけなくてはなりません。

ビタミン

重要青魚や緑黄色野菜の食べ方が少ない

ビタミンDが欠乏する

 

 

ビタミンD欠乏症を防ぐには 食事に気をつけることが大切です。 いわし、さば、さんまなどの青魚や、レバー、にんじん、ピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜をたくさん食ベると良いでしょう。
日光浴も良いことです(※)。太陽に当たると、体のなかに、ビタミンDが作り出されるからです。 ただし、ガラス戸越しに日光浴をしても、あまり効果がないことがわかっています。やはり、戸外での遊びやスポーツで、直接、太陽にあたることが必要です。
※(注意)あまりまっ黒になるほど太陽光線にあたり続けると、皮膚ガンになる可能性がまれにはありますので、ほどほどにしてください。

日光

抗てんかん薬の副作用検査について>>

▲ページトップへ