てんかん重積になると、病院・クリニックへの入院が必要

1日の間に5回も10回も立て続けに発作が起こることをいいます。

1回の発作の後、まだ意識が充分回復しないうちに、また次の発作が起こります。こういうことを何度も繰り返すわけです。

 このような症状がみられた場合、てんかん重積ですから、直ちに病院・クリニックへの入院が必要です。
重積になると、死亡することもあります。

発作の連続

 しかし、何よりも大切なことは、重積にならないように、それを予防することです。

予防法は3つあります。

(1)規則正しい生活と
(2)お薬をきちんと服用して
発作をおさえましょう。

規則正しい服薬・充分な睡眠

もし発作がおきてしまったときは、一回目の発作終了直後に、

(3)ひきつけ止めの坐薬(ダイアップ等)をお尻に入れてください。入れてから、30分経つと、効いてきます。同じ日に次の発作が起きるのを防ぐ効果があります。すなわち、重積の予防です。

 

発作予防の坐薬の使い方>>