てんかん・癲癇 制圧を目指して 

まんが展・メニュー>>

Q.抗てんかん薬をのんでいますが、アメリカへ旅行したい!大丈夫?

A.この計画は、いろいろ難しい問題をはらんでいます。まず第一に、アメリカへの旅行に際しては、時差があるため、どうしても睡眠不足になってしまい、訪米直後に発作が起こりがちになります。また、慣れない海外生活で緊張を強いられ、夜、充分眠れないこともありえます。若い人たちの外国へのあこがれは理解できますが、今せっかく病気が、順調な経過をたどっているのに、ここで再発してしまっては元も子もなくなることも考えられます。できればこの旅行は、中止した方がよいと思われます。

時差ぼけ・睡眠不足

>>Q.修学旅行は?

てんかん診療(小児・成人) 水戸クリニック(茨城県水戸市) 発作 症状への対応

てんかん Q & A

HP内検索エンジン

 ▲ページトップへ

★千葉県、栃木県、東京都、福島県の患者さんも一部受診しておられますが、水戸クリニックは、原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。 茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさってください。

●てんかんは治りますか、とのご質問を頂くことが多い。小児てんかんについては、治ることが多いのは、よく知られている。成人てんかんの場合でも、完治は困難ですが、社会的治癒は可能です。(水戸クリニック携帯サイトをご覧下さい)

All rights reserved ©2008-2009
mito clinic.mc
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック