てんかん・癲癇 制圧を目指して 

まんが展・メニュー>>

アレビアチン(抗てんかん薬の一種)による、歯ぐきの腫れを、治す方法は?

  この歯ぐきの腫れは、歯ぐきのマッサージで治療・予防が可能です。
歯ブラシを軽く歯ぐきに押し当て、やさしく、小刻みに震わせましょう。少しずつブラシを移動させて、全体に行いましょう。1日に15分程度でよいと思います。テレビを観ながらでも、やってみて下さい。 硬い歯ブラシを使ったり、強くこすったりすると、歯ぐきに傷がついてしまいます。柔らかい歯ブラシか、指で、やさしくマッサージして下さい。
すでにひどく腫れてしまって、気になる方は、歯科口腔外科の先生に相談するとよいでしょう。 外科的な方法で治して頂けます。

マッサージ

歯ぐきのマッサージで
歯肉の腫れを予防!

歯茎のマッサージには、歯磨き粉(練りはみがき)は、必ずしも必要ありません。

てんかん診療(小児・成人) 水戸クリニック(茨城県水戸市) 発作 症状への対応

てんかん Q & A

HP内検索エンジン

 ▲ページトップへ

★千葉県、栃木県、東京都、福島県の患者さんも一部受診しておられますが、水戸クリニックは、原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。 茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさってください。

●てんかんは治りますか、とのご質問を頂くことが多い。小児てんかんについては、治ることが多いのは、よく知られている。成人てんかんの場合でも、完治は困難ですが、社会的治癒は可能です。(水戸クリニック携帯サイトをご覧下さい)

All rights reserved ©2008-2009
mito clinic.mc
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック