てんかん・癲癇 制圧を目指して 

まんが展・メニュー>>

てんかん発作の症状

てんかん発作の症状で最も多いのは、いわゆる“ひきつけ”、すなわち、けいれん発作です。てんかんの患者さん100人のうち80人はけいれん症状を示します。 全身けいれん発作 てんかんの発作で、最も多いのは、全身けいれん発作です。大人でも子供でもみられます。 発作の前に、前兆として、気分不良、不安などをきたすことがあります。 その後、突然、意識がなくなり、全身を固くつっぱったようなけいれん(強直性けいれん)で発作が始まり、直ちに倒れてしまいます。   10~30秒程度の強直性けいれんのあと、それにひき続いて、四肢をガクッガクッとひきつける間代性けいれんに移行します。 発作が始まると、しばらく呼吸が停止し、顔面や唇が紫色(チアノーゼ)になります。両眼を見開き、眼球は上転し、歯を食いしばります。尿や便を失禁することもあります。 強直性けいれん・間代性けいれんを合わせて、けいれんそのものは1,2分間程度で終わることが多いのです。 けいれんが終わると、荒い呼吸をともなう昏睡に陥りますが、数分後には、いったん意識を回復します。 しかし、しばらくすると、再び深い眠りに陥ってしまいます。この深い眠りは、数分~数時間にわたります。 眠りから覚めると、すっかり元気を回復していますが、本人は、発作中のことはまったく記憶していません。

単純部分発作

全身けいれんではなく、身体の一部、例えば右の腕、左の脚、あるいは右の顔面のみがけいれんするといったタイプの発作です。

複雑部分発作(側頭葉てんかん)

  数分~数十分、意識がぼんやりして、口をもぐもぐさせたり、ボタンをかけたりはずしたりするような意味のない動作をくりかえす発作です。 子供より、大人に多くみられます。

欠神発作

ほんの数秒間、意識がぼやけて、動作が止まる発作もあります。 大人より、子供に多くみられます。

>>てんかん発作時の症状から見た、てんかん発作のタイプ(水戸クリニック携帯サイト)

てんかん診療(小児・成人) 水戸クリニック(茨城県水戸市) 発作 症状への対応

てんかん Q & A

HP内検索エンジン

 ▲ページトップへ

★千葉県、栃木県、東京都、福島県の患者さんも一部受診しておられますが、水戸クリニックは、原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。 茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさってください。

●てんかんは治りますか、とのご質問を頂くことが多い。小児てんかんについては、治ることが多いのは、よく知られている。成人てんかんの場合でも、完治は困難ですが、社会的治癒は可能です。(水戸クリニック携帯サイトをご覧下さい)

All rights reserved ©2008-2009
mito clinic.mc
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック